不動産投資で注意したいこと

###Site Name###
TOP > 不動産投資で注意したいこと

不動産相場の上昇により、不動産投資への勧誘が増えています。

セールストークは節税、あるいはお金をかけずに資産を持てるというものです。
サラリーマンでもワンルームマンションならば、実際に負担をかけず保有することができます。

その際に、自分なりに不動産投資に関する知識を得ておくことが大切です。


例えば再開発が入り資産価値の高い立地での新築マンションを勧められることがあります。
再開発によってその後の価格上昇は期待できます。

けれどもひとつ知っておく必要があるのは、新築マンションは分譲する時点で、すでに数割のプレミアが乗せられているということです。つまり、中古となったその時点で数割の価格下落は当然と思うことが必要です。



つまり、値上がりとはそのプレミア以上の上昇が必要となるわけです。



また、不動産投資は値上がりを求めるのか家賃収入のインカムゲインを狙うのか、どちらかに絞ることも大切です。

どちらか都合の良い方にというのは避けた方が無難です。


また物件を保有する上で必要となる維持費に関しては、事前に全てを洗い出すことが大事です。



固定資産税や修繕積立金、設備の修理や入れ替えの費用など細かく全てをリスト化し、どれほどの出費があるのかを把握してからローン返済の計画を立てるわけです。
それを補えるほどの家賃収入が得られるのかどうか、さらに空き部屋となった時のための蓄えは残せるのかなどを検討する必要があります。


そこまで細かく計算しなければ、上手く運用できないと心得る必要があります。